NPO法人ロバの会概要
特定非営利活動法人ロバの会
メニュー会の概要ロバの歩みテレホンサ−ビス郵送袋図書館お手紙仲間に!|BBフォンリンク集
代表者  端野 順子
hasino@ca3.so-net.ne.jp
Tel&Fax072-852-2801

盲人用無料郵便物発受指定施設

NPO法人ロバの会事務所 〒604-8821 京都市中京区壬生梛ノ宮町                           2-13F'sFlats 1F 
                          TEL&FAX 075-821-0844
*住所の読みかた : キョウトシ ナカギョウク ミブ ナギノミヤチョウ
              2−13 エフズフラッツ 1F


*NPO法人ロバの会岩倉支部  〒606-0025 京都市左京区岩倉中町                              502 山田 新作方

*NPO法人ロバの会枚方支部 〒573-0083 大阪府大阪市茄子作北町
                            39-33 端野 順子方

*ロバの会事務所には毎週水曜日10時から
 4時まで会員が在籍
しています。
 TEL&FAX 075-821-0844

 他に(舞鶴支部、西京支部、右京支部、山科支部、)計7施設

目的・視覚障害者のための情報提供。

新聞・雑誌・単行本等を選択し、あるいわ視覚障害者の希望にそって
朗読し、CD化し全国の利用者に貸し出しています。
(2006年をもって、テープは総てCDに移行しました)

あゆみ 

1975年4月、点字図書館に属して活動していたボランティアが、
自然発生的に勉強会を作り、スマートではないが誠実に歩いて行こう
という意味で「ロバの会」と名付けました。
朗読者を育成し、毎月の勉強会を重ね、1985年11月、真に視覚
障害者が求める情報を提供するために、点字図書館から独立して
ボランティアのみの活動に移りました。
情勢の変化や他ボランティアグループの動きにも合わせ、
2008年2月、NPO法人ロバの会になりました。
2014年9月現在の活動ボランティア会員数は40名余りです。

財源

ボランティアの個人会費年間1万円と、ロバの会後援会によって活動
が支えられています。

現況

各新聞社の許諾を受け、新しく視野の広い情報源として新聞からの
情報作成に努めています。
また、日常生活に直結した身近な情報の一環として、1988年からは
郵便局の(現日本郵便)
「ふるさと小包・全国版」を、1990年から「高島屋通信販売カタログ」
テープ版(現在はCD版)の制作を始めました。

また、とかく遅延しがちな情報を即日提供するために、1988年から
テレフォンサービスで「ロバさんの朝日新聞天声人語」を視覚障害者
にお届けしています。
これは(075−821−3505−20)で終日聞くことができます。
*−20のところを−30にすると、そのまま同じ電話の通話で
 「新刊CDその他」の情報を紹介しています。
*−40にすると「高島屋通信販売の急ぎの情報」が聴けるように
 なっています。
つづいて、こういう情報社会に対応するために、1998年4月より、
デジタル録音読書機(プレクストーク)に対応して、CDによる貸し出し
を開始。視覚障害者の読書環境向上に全力をあげています。
テープの発行は2006年末をもって終了。10数種類のテープ雑誌
をCD1枚に編集し、
「万華鏡」と名付けて発行しています。

2014年9月現在の利用者数は全国47都道府県で、3000世帯余。
CDはすべて無料で貸し出しています。

2008年2月付けで「特定非営利活動法人 ロバの会」設立認証、
2010年4月1日付け「著作権法第37条第3項の視覚障害者等のための複製、自動公衆送信が認められる者の指定」を文化庁より受ける。
ロバの会のホームページURLとメールアドレス

http://www.roba-kyoto.com           info@roba-kyoto.com
このページ先頭へ戻る